ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

some leftovers(No5 傍観編)
作詞 ハヤミダイ
今日もため息をつく度に頭上には曇り空が広がり
君の考えや想いまだまだ知らない事知りたい事が
雲の様にあらわれては消えていくけど
君の胸の空に浮かぶ声が僕には聞こえていなかった
時が経てば増えるのは思い出より後悔だろう
君には限りない水平線が見えていて自分が見ていたのは平行線なんだろう
望んでいたのは同級生と続く友情の様な
いつまでも変わらない何かを見つけたかっただけ
所有物にしたい訳じゃない 心の休まる場所が欲しいだけ
それなのに自分の歯痒さに地団駄踏んでも
あの雲の流れは止められないだろう

{有象無象の言葉にならない感情
 的外れな愛が届くはずもなく
 君が遠くに行っても幸せを願うだけ
 自分は祈る事しかできない意気地なし

白くて突き刺さる紫外線と耳が痛いほどの北風に
小さな体を震わせる事があるかもしれないけど
君は膝をついても立ち上がると信じている
そして自分は黙して語らず全てを受け入れたいと願う
栄えていたものは枯れ生きとし生けるもの土に還るのが世の常かもしれないけど
君の虹彩はいつまでもあの頃のまま輝きを失う事はないだろう
終わりを迎えるその時まで
そして自分は黙して語らず全てを見つめていたい光に彩られる姿を
君の笑顔をいつまでも見ていたかった
ありきたりな平凡な事を望んでいたはずなのに
自分はあまりにも多くを望み過ぎたのだろうか

{Rep
 

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2016/08/01
ジャンル その他
カテゴリ 片思い
コメント ちなみこの五部作は一応時系列になってますが、
それぞれが独立しても成り立つようにどこからみても構いません。
時期は春すぎあたりでテーマはいろいろあてはまるけど、
後は受け手に任せます
ハヤミダイさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ