ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

流れ星
作詞 ヤスト
線香花火が夜空を走るような
綺麗な一筋の光が
手を繋ぎ佇む君と僕の頭の上に
現れたと思う頃には消えていた

僕らは何を願い駆けて行くのか
神秘的な光を放っては
儚く消えていく

何かの拍子にこのソラが生まれてから
永い歳月の中にぽっと現れた僕らは
この世界に何を残してゆくのだろう

流れ落ちる涙にも似た
けれど朝日を受けて光る千切れ雲のような
流れ星の残像に
君はいったい

何を思って
真っ暗な空を見つめているんだい?

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2007/04/01
ジャンル ポップス
カテゴリ その他
コメント
ヤストさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ